1. キャンパスシティ
  2. 東京理科大学
  3. 大学受験
  4. シエナさんの受験体験談

東京理科大学の合格体験記

シエナさんの東京理科大学 受験体験談

受験体験談詳細

投稿者:シエナさん
出身校:都内私立高校|受験区分:一般入試|入学年度:1988年
参考になった: 232

併願校は?

○東京理科大学工学部経営工学科

オススメ参考書

「親切な物理」はよかったと思います。

合格判定どーだった?

一番よくてC判定くらいでした。

受験勉強をはじめた時期

3年生の夏休みくらいでしょうか。

ツラかったこと、克服法

現役の時に某私立大学電気工学科1つしか受からず、そこに1年在席しながら仮面宅浪で、しかも理科大よりも偏差値の低い大学は受けず、理科大が落ちたら、某私立大学にまた1年からやり直すという、「背水の陣」を敷いていたので、プレッシャー・孤独との戦いでした。
でも、理科大に必ず合格するというイメージや信念をもって必死に頑張りました。

受験生の時恋人いた?恋してた?

高校は男子校だったのでいませんでした。

塾・予備校・通信教育には通った?

基本は宅浪でしたが、駿台予備校の夏季講習、冬期講習には行きました。
有機化学の先生の教え方が上手だったので、有機化学が好きになりました。
お陰様で、経営工学科は化学と物理どちらでも選択できたのですが、化学で受けて合格しました。

オープンキャンパスとか参加した?

行きませんでした。

ずばり大学の良いところ

クラスメイトはみんな真面目で勉強するには非常にいいところだと思います。
あとサークルに入って沢山先輩・友人ができました。
今でも長い付き合いが続いています。
また飯田橋なので、交通の便はとてもよかったです。
神楽坂の街の雰囲気も大好きです。
それから就職活動した際には、企業からの評価はとても高かったです。
お陰様で、希望の会社に就職することができました。

ずばり大学の悪いところ

キャンパスが狭かったのは残念でした。

高校生・後輩へのメッセージ

社会人になって久しいですが、浪人していた時のプレッシャーが人生の中で、今でも一番辛かったです。でもその辛い経験が、社会に出て活かされています。
大変だとは思いますが、志望校合格に向けて頑張ってください。

体験談情報
合格学部・学科 東京理科大学 (1988年)
ニックネーム シエナ(男性)
都道府県 / 出身高校 茨城県 / 都内私立高校
受験区分 一般入試
受験方式/科目 英語・数学・物理
現役?浪人? 1浪
この体験談が参考になった

週間アクセス人気ミスキャンパス

神尾美沙 上野未佳 荒井茉莉子 田中亜依 奥地純佳
神尾美沙さん (08年/成城大学) 上野未佳さん (07年/慶應義塾大学) 荒井茉莉子さん (09年/中央大学) 田中亜依さん (10年/東京大学) 奥地純佳さん (07年/慶應義塾大学)

注目の情報
2010年大学生新生活特集

シングルパックの引越が、激安のエリア定額15,750円から(税込)

単身パックのお引越しが1.5tトラック1台とスタッフ2名のパックで、15,750円から(税込)!数量限定、同一市区間内定額料金の業界初のシステム。まずは無料お見積もりを!